コンテンツにスキップする

中国人民銀の李氏:中国が米国債の売却検討する可能性ある-CCTV

中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策 委員会の李稲葵委員は、米国のいわゆる量的緩和政策によって引き起こ された中国の外貨準備投資の損失を埋め合わせる一つの方策として、米 国債の売却を検討することはある得るとの見解を示した。李氏は中国中 央テレビ(CCTV)とのインタビューで、米連邦準備制度理事会 (FRB)が米国債を買い入れる際に、中国は保有する一部の米国債を 売却することが可能かもしれないと述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 角田正美 Masami Kakuta +81-3-3201-3157 mkakuta@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE