コンテンツにスキップする

香港当局:不動産転売に追加の印紙税、頭金割合を引き上げ

香港当局は、不動産の転売につ いて、追加の税を導入。住宅価格の高騰を抑える措置を強化した。住 宅購入の際の頭金の最低割合も引き上げる。

香港の曽俊華財政官が19日述べたところによると、6カ月以内に 転売する場合は15%の印紙税が20日から課される。6カ月-1年は 10%、1-2年は5%となる。売り手と買い手が等分に負担する。

また、1200万香港ドル(約1億3000万円)以上の住宅について 頭金の最低割合は購入価格の50%と、従来の40%から引き上げられ る。800万-1200万香港ドルの住宅では40%(従来は30%)となる。 香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)の陳徳霖(ノーマン・ チャン)総裁が明らかにした。

さらに、所有者が居住しない住宅用不動産と会社所有の不動産は すべて、購入額に対する融資額の上限が50%となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE