コンテンツにスキップする

米ゴールドマン:最多の321人をマネジングディレクターに指名

米ゴールドマン・サックス・グ ループは18日、321人をマネジングディレクターに指名、昨年の272 人を上回る過去最多の昇格人事を発表した。ブルームバーグ・ニュー スが詳細の記された社内メモを入手した。

前日には110人がパートナーに昇格した。ロイド・ブランクファ イン会長兼最高経営責任者(CEO)は2006年半ばの就任以来、事 業拡大に努め、従業員数は約2万4000人から3万5400人に増加し た。

米ポーテールス・パートナーズのアナリスト、チャールズ・ピー ボディ氏は「厳しい時期を乗り越えた今、社員の企業への忠誠心を取 り戻そうとする努力の表れだ」と指摘した。

ゴールドマンの広報担当、ルーカス・バンプラーグ氏によると、 今回昇格した新マネジングディレクターの中で女性が占める割合は 24%と、過去最大。マネジングディレクター全体の中では19%を占 める。今年の新パートナーに占める女性の比率は「10%超」としたが、 具体的な数字は明らかにしなかった。

同氏によれば、新マネジングディレクターの地域別内訳は米州が 5割、欧州・中東・アフリカが28%、アジアが22%。米州以外がわ ずかに増えたという。新パートナーは米州が約45%、欧州・中東・ア フリカが29%、アジアが26%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE