コンテンツにスキップする

ラクーン株ストップ高、売掛保証会社買収-CB発行もシナジー期待

ネット上で衣服・雑貨などの問屋 を運営するラクーン株が一時、前日比3万円(28%)高の13万9000 円とストップ高(制限値幅いっぱいの上げ)を付けた。NISリース から売掛保証会社のトラスト&グロースを2億7000万円で買収する と17日に発表。ラクーンの顧客先や出展メーカーに対する与信管理、 掛売決済などでの相乗効果を見込む買いが膨らんだ。

同社副社長の今野智氏によると、トラスト&グロース社は中小企 業の信用力審査、与信限度額の決定、売掛債権の請求・入金管理など でノウハウを持ち、特に信用力の低い中小企業向けのサービスで同業 他社を圧倒していたという。今野氏は、トラスト社はポートフォリオ の組み方や与信管理能力には一日の長の知見を持っていると指摘。 「200社以上の顧客を持ちながら、ほとんどの取引先単位で黒字を確 保していた」と述べている。

トラスト社の2010年3月期の業績は、売上高が前の期比7.5%減 の3億2100万円、営業損益が9600万円の黒字(前の期は900万円の 赤字)。ラクーンの顧客先の約半数が、トラストから売掛保証を受けて いる。トラストに現在在籍する従業員11人は全員ラクーンが引き継ぐ。

買収費用のうち、9900万円は日本アジア投資を割当先とする無担 保転換社債型新株予約権付社債(CB、転換価格固定型)を発行し、 調達する。残りの約1億7000万円は、手元資金からねん出する方針。 CB発行で発生する潜在株式は660株、発行済み株式総数9081株の

7.27%に相当するが、きょうの株価は業容拡大、足元の財務負担の軽 減を評価する格好となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE