コンテンツにスキップする

PIMCOクラリダ氏:FRBの国債購入再開、景気回復持続に必要

米連邦準備制度理事会(FRB) の国債買い入れ再開について、債券ファンド最大手、米パシフィック・ インベストメント・マネジメント(PIMCO)のグローバル戦略ア ドバイザー、リチャード・クラリダ氏は、景気回復を持続させデフレ を回避するために恐らく必要だったとの見方を示した。

クラリダ氏は、ブルームバーグテレビジョンの番組「サーベイラ ンス・ミッドデー」の司会者トム・キーン氏とのインタビューで、「イ ンフレ率は低く、失業率は高い。物価と雇用の目標を達成できていな いFRBが予想された措置を講じている」と指摘。「FRBがこうした 措置を講じた理由は理解できる。代償もあるが恩恵もある。金融危機 を伴うリセッション(景気後退)からの回復は、非常に緩慢で期待外 れなものになることが多い」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE