コンテンツにスキップする

LCH:アイルランド債取引の証拠金引き上げ-支援協議の中

決済機関のLCHクリアネットは、 アイルランド国債取引の追加必要証拠金をネットポジションの30%に 引き上げた。欧州の当局者らがアイルランドへの支援を協議している中 で、引き上げを発表した。

引き上げは18日の営業時間終了時点のポジションに適用され、19 日のマージンコール(追加担保差し入れ請求)に反映される。LCHが 17日、ウェブサイトで公表した。

LCHはアイルランド10年国債の利回りが「AAA」格付け債の 指標を継続的に500ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)を超 えて上回っているため証拠金引き上げを決めたと説明した。

アイルランド10年債は17日に下落し、ロンドン時間午前8時45 分(日本時間午後5時45分)現在、利回りは3bp上昇の8.50%。

LCHの債券責任者、ジョン・バーク氏は17日のインタビューで、 「アイルランドの信用力を判断しているわけではなく、国債スプレッド のデータに基づいた決定だ」と説明。追加マージンに上限はなく、引き 続き市場をモニターしていくと述べた。現時点で一段の引き上げの計画 はないと付け加えた。

欧州の財務相らはアイルランドの銀行支援をめぐる作業を開始した ものの、直ちに救済プランで合意には至っていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE