コンテンツにスキップする

東海東FH:米預託証券、17日から売買可能に-投資家拡大

東海東京フィナンシャル・ホールデ ィングスは17日、米国での新しい投資家層拡大を目的にADR(米国 預託証券)を発行できる仕組みを設定したと発表した。これにより、同 社ADRは17日(米国東部時間)から現地での売買が可能となる。

発表によると、同社ADRは非上場で、ドイツ銀行米子会社を預託 銀行とする。新株発行などの資金調達を伴うものではなく、発行済み株 式総数は増加しないため、同社株式が希薄化されることはない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE