コンテンツにスキップする

英ウィリアム王子がミドルトンさんと婚約、来年結婚へ

英王室はチャールズ皇太子の長男、 ウィリアム王子が、恋人のケート・ミドルトンさんと婚約したと発表 した。現代になって初めて一般市民が女王になる継承権を得ることに なる。

チャールズ皇太子は皇太子公邸が出した声明で、ウィリアム王子 (28)がミドルトンさん(28)と「2011年春または夏」に結婚すると 発表した。同王子はエリザベス女王の孫で、故ダイアナ妃が母親。王 位継承順位2位の王子が、ミドルトンさんにプロポーズするかという 長年にわたる憶測についに終止符が打たれた。

ウィリアム王子は、16日夜のテレビのインタビューで、プロポー ズに時間がかかったのはミドルトンさんに王室に入るということがど ういう意味か十分に理解してもらいたかったからだと語った。

ウィリアム王子は「わたしたちはきょうのことについてしばらく 話し合っていた」と述べ、「彼女が望むなら後戻りするチャンスを与え たかった」と語った。

英王室の配偶者は、英貴族や他の欧州諸国の王室の出身者が占め る。一代で財を築いた会社経営者の娘であるミドルトンさんは、スコ ットランドのセント・アンドルーズ大学で王子と出会い、2003年から 交際していた。

ミドルトンさんは16日にロンドンで写真撮影に応じ、「この先の ことを考えるとおじけ付いてしまいそうだが、なんとか切り抜けてい きたい」と語った。その手にはウィリアム王子から贈られた故ダイア ナ妃のものだった婚約指輪がはめられていた。「彼は良い時も悪い時も ずっと支えてくれた。そのことはわたしにとって特別なことだった」 と述べた。

「ウィリアムズ・プリンセス」という著書があるロバート・ジョ ブソン氏はインタビューで、「ケートさんは並はずれた人物。知的で現 代的な中流階級の女性であり、そう簡単に物事に動じない」と語った。 「彼女は王子のハートを射止めた。それは大変なことであるが、それ と同時に自分に威厳があることを示した。中流階級の人間が入るには 王室は難しい所だ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE