コンテンツにスキップする

中国は資金流入の「圧力」に直面、流動性管理強化が必要-人民銀総裁

中国人民銀行(中央銀行)の周 小川総裁は、中国は資金流入による「圧力」にさらされていると指摘 した。中国紙の中国証券報は、2年ぶり高水準に達したインフレを沈 静化するために価格規制が設けられる可能性があると報じていた。

同総裁は16日、北京でのフォーラムで、政府の目標は「緩やか な」与信の伸びと流動性管理の強化だとの立場をあらためて示した。 中国証券報が情報源を明らかにせずに伝えたところでは、食品の価格 規制が導入される可能性があるという。

周総裁は、先進国の成長が鈍化する中で、一部の新興国は急速に 成長しており、資金流入による「圧力」に直面していると指摘。中国 の物価上昇は注視が必要で、当局者は「流動性管理を強化し、与信と マネーサプライ(通貨供給量)の緩やかな伸びを維持」すべきだとの 見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE