ホーニグ総裁:金融政策による米経済の微調整に反対-NZZ紙

米カンザスシティー連銀のホーニ グ総裁は、金融政策が米経済の微調整に適していないとの認識を明ら かにした。スイス紙ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング (NZZ) とのインタビューで語った。

同紙によると、ホーニグ総裁は政策当局者が一歩退き、自らの役 割は何か自問する必要があると述べ、「金融政策が米経済に及ぼす長期 的で多様な影響を考慮すれば、われわれは長期戦略を追求すべきだ」 と指摘した。

同総裁はまた、金融政策であらゆる悪の根源を断てると確信すれ ば、不安定を引き起こすだろうと語ったという。

同紙によれば、ホーニグ総裁はさらなる金融緩和について、「長期 金利の若干の低下という極めて小さな追加的効果を得るためにインフ レ上昇のリスクを冒す」ことを意味するだろうと述べた。また、イン フレ進行によって失業率を引き下げ得るとの主張は「極めて危険だ」 と指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Matthias Wabl at +41-44-224-4106 or mwabl@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE