米国行き荷物に爆発物-オバマ大統領「確実なテロの脅威」

オバマ米大統領は29日、イエメン から米国に航空便で発送された荷物2個から爆発性の物質が発見され、 当局が押収したと発表した。この荷物の送り先はシカゴのシナゴーグ (ユダヤ教礼拝堂)で、同大統領は「確実なテロの脅威だ」と述べた。

オバマ大統領はホワイトハウスで、荷物のスクリーニングのために 新たな措置が講じられていると説明。ブレナン大統領補佐官(テロ対策 担当)は、イエメンからの荷物は「極めて注意深く調べる」ことが賢明 だと指摘した。

爆発物は英国とアラブ首長国連邦(UAE)のドバイの当局者が発 見した。1つはドバイの米フェデックスの施設で見つかったことを、同 社の広報担当者が明らかにした。

ホワイトハウスのギブズ報道官によると、当局は荷物のあて先だっ たシナゴーグの具体名は不明で、シカゴにあるオバマ大統領の自宅に近 いのかどうかも分からないという。

オバマ大統領は今回の事件について、情報担当の側近とともに「わ が国に対する確実なテロの脅威」と判断したと語り、イエメンに拠点を 置く「アルカイダ系組織の壊滅」を約束した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE