NY外為(29日):ドル下落、緩和観測で一時80円39銭

ニューヨーク外国為替市場ではド ルが円に対して15年ぶりの安値に下落。米連邦準備制度の国債購入に ついて市場は、インフレ鈍化で規模が大きくなるとみている。

ユーロは円に対して下落。欧州連合(EU)がデフォルト(債務不 履行)に直面する各国への対応として恒久的なメカニズムの構築を協議 するなか、債務危機が再び発生するとの懸念が広がった。ドルは円に対 して下げを拡大した。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合を 控え、この日発表された第3四半期(7-9月)の米個人消費支出(P CE)価格指数は伸びの鈍化が示された。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジの主任市場アナリス ト、オマー・エシナー氏は、「来週FOMCが発表する刺激措置の規模 で、今後のドルの動向が決まるだろう」と指摘。「概してドル安の環境 にあっても、ユーロは結局、債務やデフォルトの懸念で上値を抑えられ るだろう」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは円に対して前日比0.8%安 の1ドル=80円40銭(同81円03銭)。一時は80円39銭と、1995 年4月以来の安値に下げた。同月には戦後最安値の79円75銭を付け た。ドルはユーロに対して0.1%安の1ユーロ=1.3947ドル(前日は

1.3930ドル)。ユーロは円に対して0.8%安の1ユーロ=112円12銭 (同112円87銭)。

ドルはユーロに対して月間ベースでは2.2%安。FRBが国債購入 を拡大することで、ドルの価値が下落するとの観測が背景にある。FO MCは11月2-3日に開催される。

インフレの鈍化

米商務省が発表した、FRBが注目する物価指標である食品とエネ ルギーを除くPCEコア価格指数は第3四半期に前期比年率で0.8% 上昇した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト20人の予想中央値 は1%上昇だった。

同じく商務省がこの日発表した、第3四半期(7-9月)の実質国 内総生産(GDP、季節調整済み、年率)速報値は前期比で2%増加し た。第2四半期GDPは1.7%増だった。

インタラクティブ・ブローカーズ・グループのシニア市場アナリス ト、アンドルー・ウィルキンソン氏は「GDPの統計では上向きのサプ ライズは何もなかった」と指摘。「大規模な金融緩和の可能性が再び高 まる」と述べた。

先進国10通貨の動向を示すブルームバーグ相関加重通貨指数によ ると、ドルはこの日0.6%下落。対ポンドでは0.6%安、カナダ・ドル に対しては0.2%値下がり。

モルガン・スタンレーの見解

モルガン・スタンレーは顧客向けリポートで、連邦準備制度が資産 購入を拡大するなか、ドルは年末までにユーロに対して1ユーロ=

1.46 ドルまで下落する可能性があると指摘した。同水準を最後に付け たのは昨年の12月。同社はこれまで1.36ドル水準への下落を予想し ていた。

円はドルに対して6カ月連続の上昇となり、04年1月までの連続 上昇記録と並んだ。日本政府が円売り介入に踏み切った9月15日以降、 円は5%以上値上がりしている。

日本政府が10月に為替市場介入を実施しなかったことが、財務省 の発表で明らかになった。

日本銀行は前日、次回の政策決定会合の日程を変更し、FOMC明 けの11月4、5日とした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE