ECBのトゥンペルグゲレル理事:財政問題がユーロを損ないかねない

欧州中央銀行(ECB)のト ゥンペルグゲレル理事は、ユーロ圏諸国の財政問題はユーロの価値 を損ないかねないとの認識を示した。

同理事は29日、ハンブルクでの講演で、「メンバー各国の財 政問題はユーロを構造的に弱体化させかねない」と発言。「ユーロ 圏諸国に対し、過度な財政赤字の是正について現実的かつ十分に意 欲的な期限を設定することが必要だ」と述べた。また域内の財政安 定成長協定は「より効力の高い」ものになる必要があると続けた。

欧州連合(EU)は2日間にわたる首脳会議で、危機対応の恒 久的メカニズムを2013年までに構築するため、EUの基本条約を 改正することを決定した。ギリシャを発端とし、ユーロに打撃を与 えた危機の再発防止を目指す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE