米ミシガン大学消費者マインド指数:昨年11月来の最低

10月の消費者マインド指数は前月 比で低下、2009年11月以来の低水準に落ち込んだ。

10月のロイター・ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は

67.7と、前月の68.2から低下した。速報値は67.9だった。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値では68が見込 まれていた。

クレディ・スイスのエコノミスト、ジョナサン・バジーレ氏(ニュ ーヨーク在勤)は、「メーンストリートは、失業率が低下しない限りは リセッション(景気後退)を脱したとは考えない」と述べ、「信頼感が 急に上昇するような動きを見いだすのは難しい」と続けた。

今後6カ月の先行き景況感を示す指数は61.9と、前月の60.9か ら小幅上昇した。10月の現況感指数は76.6と前月の79.6から低下し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE