米ゴールドマン:FRBの国債購入、30年債も対象に

米ゴールドマン・サックス・ グループは、米連邦準備制度理事会(FRB)が来週開催する連邦 公開市場委員会(FOMC)で国債購入を決定し、購入の対象は30 年債を含めすべての年限にわたる公算が大きいとの見方を示した。

トレーダーの間ではFRBが量的緩和策として購入する国債は 償還期限が10年以下だとみられていた。

ドイツ銀行のプライベート・ウェルス・マネジメント部門の債 券トレーディング責任者、ゲーリー・ポラック氏(ニューヨーク在 勤)は、「量的緩和でFRBは何か違う対策を打つ必要があるとの 意見を公に発表したのはゴールドマンが初めてだ」と指摘。「ゴー ルドマンの見方は金融界では一目置かれている。そのゴールドマン がFRBは何か対策を講じるのであれば、30年債まで含める必要が あると主張している」と続けた。

BGキャンター・マーケット・データによると、30年債利回 りはニューヨーク時間午前9時39分現在、前日比2ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01ポイント)下げて4.03%となっている。

ゴールドマンのアナリスト、フランチェスコ・ガルザレリ氏は 電子メールでのリポートで、FRBが30年債を購入すれば、10年 債と30年債の利回り格差は縮小する可能性があると記した。ブル ームバーグのデータによると、同格差はこの日、1.40ポイント。 過去5年の平均は0.52ポイント。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Paul Dobson in London at +44-20-7673-2041 or pdobson2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Daniel Tilles at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE