米シェブロン:7-9月は予想外の減益、コスト急増が響く

米石油2位、シェブロンの7- 9月(第3四半期)決算は予想外の減益となった。原油高と生産増か ら利益を得たものの、コスト増大が響いた。

29日のシェブロン発表によると、純利益は37億7000万ドル (1株当たり1.87ドル)と、前年同期の38億3000万ドル(同

1.92ドル)から1.6%減少した。1株利益はブルームバーグがまと めたアナリスト15人の予想平均を28セント下回った。

探査費用が74%増加。原油価格が12%上昇し、原油・天然ガス 生産が同社の第3四半期としては過去最高を記録したものの、コスト 増大で利益が吹き飛んだ。

エネルギーコンサルティング会社ブルックシャイア・アドバイ ザリー・アンド・リサーチ(イリノイ州)のジャンナ・バーン社長は、 「他社が原油高から良好な業績を発表している中で、シェブンは産油 段階の事業が不振だった」と指摘した。

売上高は前年同期比6.6%増の497億ドル。同社利益の95% を占める原油と天然ガスからの利益は4.6%減少した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae ニューヨーク 西前明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE