金融庁:無届社債発行に初警告、ワールド・リソース社-規定逃れ悪質

金融庁は29日、有価証券届出書を 提出せずに社債を募集したとして、商社のワールド・リソースコミュニ ケーション(旧アフリカントラスト、アフリカンパートナー、非上場) に警告を出したと発表した。同庁のウェブサイト上で公表した。

金融庁によると、有価証券届出書を提出せずに社債を募集した会社 に対する警告はこれが初めて。これまでも届出書を提出しなかった会社 に対して発行後に事後提出を求めた例はあった。しかし、今回は投資家 保護の観点から発行手法が悪質と判断し、文書での警告に踏み切った。

金融庁の担当者によれば、ワールド社は2008年10月以降、金融商 品取引法の規定に触れないよう投資勧誘先の人数を49人以下にした上 で、利率を0.001%などわずかずつ変えた同じ償還期限の社債などを701 回発行した。同庁ではこれら社債の中には実際、同一証券とみなされる ものがあり、規定違反に当たる悪質な行為と受け止めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE