人民銀研究局長:先進国の量的緩和は新興経済国・地域に打撃の公算

中国人民銀行(中央銀行)研究局の 張建華局長は米国を中心とする先進国の量的緩和について、新興経済 国・地域に今年と来年に流動性の圧力をもたらす可能性があると述べ た。29日に開かれた会議で語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 桧誠司 Masashi Hinoki +81-3-3201-8843 mhinoki@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE