海外投資と中国株保有拡大を、米増税へのヘッジで-フローリック氏

11月の米中間選挙後の増税へのヘ ッジとして米投資家は海外に投資し、中国やシンガポール株の保有比 率を高めるべきだと、ハートフォード・ファイナンシャル・サービシ ズ・グループのロバート・フローリック氏が指摘した。

同社のシニアマネジングディレクターを務めるフローリック氏は 電子メールで送付したコメントで中国について、「国内の消費需要が力 強い」ため魅力的だと述べた。また、「加えて設備投資も引き続き堅調 だ。順調な消費は順調な設備投資と相まって、経済や市場にとって明 るい前兆だ」と分析している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子  Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Allen Wan at +86-21-6104-3041 or awan3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE