AIAグループが香港上場、初取引で株価上昇-17%高

米保険会社アメリカン・イン ターナショナル・グループ(AIG)の主要アジア部門、AIAグル ープは、29日に香港市場に上場し、株価は新規株式公開(IPO) 価格比で17%上昇した。

AIAの株価終値は23.05香港ドル。IPO価格は仮条件レン ジ上限の19.68香港ドルだった。IPO規模は178億米ドル(約1 兆4400億円)で、香港市場としては過去最大となった。

AIAは、バリュエーション(株価評価)が域内の同業他社よ り低い割安水準にIPO価格を設定。香港ハンセン指数が今月、約2 年ぶりの高値に上昇する中で株式を上場した。

AIGはAIAの発行済み株式の58%を売却した。アジア15 市場に事業展開する同部門は、米公的資金1823億米ドルの返済原資 を調達するための「重要資産」と位置付けられていた。

パリー・インターナショナル・トレーディング(香港)のマネ ジングディレクター、ギャビン・パリー氏は、AIAについて「バリ ュエーションが同業他社を大幅に下回る水準にIPO価格が設定され たことやIPOへの需要が強かったほか、上場前の株式が取引される 『グレーマケット』での価格推移」から、初値への期待は高まってい たと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE