中国株(終了):上海総合指数、4日続落-物価・投機抑制強化の観測

中国株式市場で、上海総合指数 は4日続落。月間ベースでは2009年7月以来の大幅な上昇となった ものの、この日の下落で上げ幅をやや縮めた。政府がインフレと不動 産投機を抑える措置を強化するとの観測が背景にある。

中国最大の不動産開発会社、万科企業(000002 CH)と同国最大 の銀行、中国工商銀行(ICBC、601398 CH)が安い。監督当局が 銀行に対し不動産ローンによるリスクに備えるよう命じたほか、中国 証券報が銀行は住宅ローン金利の引き下げ幅を縮小したと報じたこと が手掛かり。

交通銀行(601328 CH)は2週間ぶり安値。7-9月(第3四半 期)の利益がアナリスト予想を下回ったことが響いた。収益見通しか らみて今月の株価上昇は行き過ぎとの懸念から、中信証券(CITI C証券、600030 CH)や海通証券(600837 CH)など証券株も安い。

精熙投資管理の最高投資責任者、王征氏(上海在勤)は「インフ レ懸念は根強く、市場では10月のインフレ指標が一段と高い水準を 示すとの憶測もある」と述べた。さらに、「1カ月足らずで40-50% 上昇した後とあってバリュエーション(株価評価)は最大限となって おり、大型株の上昇は恐らく終わりを迎えるだろう」との見方を示し た。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比13.74ポイント(0.5%)安の2978.84 で終了。今月の上昇率は12%。上海、深セン両証取のA株に連動して いるCSI300指数は同0.5%安の3379.98。

--Zhang Shidong. With assistance from Chua Kong Ho in Shanghai. Editors: Allen Wan, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net  Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE