JT株が急落、円高で海外収益目減り-1年ぶり値下がり率

たばこ販売数量世界3位のJTの 株価が急落。1年ぶりの値下がり率となり、日本株全体にも影響を与え ている。円高による海外収益目減りで今期(2011年3月期)連結純利益 予想を引き下げたことを受けて、売り注文が先行している。

株価は一時前日比1万6700円(6.4%)安の24万3900円まで値下 がりした。2009年10月2日以来の大きな値下がり率になる。株価は今 年の最安値を更新、昨年11月9日以来の安値を付けている。下がり寄 与度は東証株価指数(TOPIX)で4位、日経平均では11位。

JTは28日、今期純利益予想を1150億円と14%下方修正した。ド ル円相場を1ドル=87円と3円の円高に修正、海外たばこが850億円の 減収になり純利益を圧迫する。食品事業の収益も想定を下回る。国内た ばこはほぼ予想通りの動き。

新生証券の松本康宏アナリストは、JTについて「海外の依存度も 大きくなり、円高の影響は避けられない」と述べ、さらに今後は国内で の増税による需要減もリスク要因と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE