IMFブルックス氏:豪州の住宅は5-15%過大評価の可能性

国際通貨基金(IMF)のオースト ラリア派遣団の責任者、レイ・ブルックス氏は、豪州の住宅は5-15% 過大評価されている可能性があるとの認識を示した。

ブルックス氏は29日の電話会議で、豪州の銀行は他国の銀行よりも 世界的な金融危機をうまく乗り切ったと指摘。高リスクの住宅ローンの 比率が比較的低いため、住宅市場の低迷に耐えられるだろうと語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE