グロース氏:10年債利回りが上昇すれば、FRBの追加緩和は成功

米パシフィック・インベスト メント・マネジメント(PIMCO)で世界最大の債券ファンドを運 用するビル・グロース氏は、10年債利回りが上昇すれば、インフレ と経済成長を復活させるという米連邦準備制度理事会(FRB)の目 的達成を意味すると述べた。

グロース氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 「追加緩和が機能したとして、10年債利回りが低下後に戻す理由は こうだ。5-10年内にインフレになりやすく、その間の政策金利上 昇に影響を受けるためだ」と語った。

同氏はPIMCOのウェブサイトに27日掲載した月次投資見通 しで、FRBによる資産購入再開は30年に及んだ債券強気相場に終 わりを告げる公算が大きいとの見方を示した。

グロース氏はこの日、「一定年限の国債利回りはこれ以上あまり 大幅には低下できないとの認識から、終わりと表現した」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE