NY金:反発、ドル安で代替投資需要-終値1342.50ドル

ニューヨーク金先物相場は3日 ぶりに上昇。ドルが下落したため、代替資産としての需要が高まっ た。

ドルは主要6通貨のバスケットに対して最大1.3%安。米連邦 準備制度理事会(FRB)の資産購入プログラムでドルの価値が下 落するとの思惑が背景にある。金は9月1日以降、7.6%上昇。今 月14日には1オンス=1388.10ドルと最高値を更新した。ドルは その間、6.4%下げている。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・ レシュ氏(シカゴ在勤)は「FRBがどの程度、金融緩和を拡大す るのかがドルに影響するだろう」と指摘。「ドルは金属にとって重要 で、現在の相場を動かしているのは金の通貨価値だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物相場12月限は前日比19.90ドル(1.5%)高の1オンス=

1342.50ドルで終えた。前日までの2日間で1.2%下げていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE