ECBのウェーバー独連銀総裁:欧州は「救済せず」の原則に回帰を

欧州中央銀行(ECB)の政策 委員会メンバー、ウェーバー独連銀総裁は、ユーロ加盟国の財政にお ける責任感を高めるため、欧州連合(EU)の非救済条項の原則に立 ち戻る必要があるとの認識を示した。

ウェーバー氏は28日、フランクフルトでの講演で、「非救済条 項の原則は、信頼ある形でいま一度しっかりと確立させる必要がある」 と言明。「ソブリン債を買う民間の投資家は、それぞれ相応のリスク を背負い、それを意識して戦略を立てるべきだ。そうすることで、投 資家は持続不可能な財政政策をより高いリスクプレミアムで罰するこ とになる」と語った。

また、「将来的に制裁は半自動的になるはずだが、制裁要件の有 無の決定は、なおも政治的なプロセスに左右される」と説明。「自動 制裁が強化された形でのシステムが望ましい」とした上で、「結局の ところ、このシステムはEUの財政安定成長協定を強化する上で十分 とはいえない」と続けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE