米3M株が5月以来の大幅安、通期見通し引き下げ-来年も費用計上

28日のニューヨーク株式市場 で米化学大手、3Mの株価が5月以来の大幅安。同社は今年12月通 期の利益見通しを引き下げたほか、来年についても年金コストが業績 を圧迫すると指摘した。

3Mは28日の発表文で、今年通期の利益は従来予想を1株当た り6セント下回るとの見通しを示した。7-9月(第3四半期)中に 発表した買収が影響するという。来年の業績見通し下方修正には、年 金コストが1株当たり30セント、休暇関連福利厚生の変更に絡む費 用が同8セント含まれる。

同社は今年通期の利益が1株当たり最大5.74ドルになると予 想。従来は最大5.80ドルになると見込んでいた。

ニューヨーク時間午前9時55分現在、3Mの株価は前日比

3.97ドル(4.4%)安の86.40ドル。一時は85.94ドルまで値下 がりし、日中取引としては5月6日以来の大幅な下落となった。

3Mがこの日発表した7-9月(第3四半期)決算は、純利益が 11億1000万ドル(約900億円、1株当たり1.53ドル)と、アナ リスト予想を2セント上回った。家電部品の売り上げが好調だった。

売上高は11%増の68億7000万ドル。アナリスト予想は67億 9000万ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE