NTTドコモ:7-9月期の純利益、22%増の1676億円

国内携帯電話最大手NTTドコモ が28日発表した7-9月期の連結純利益は、前年同期比22%増の1676 億円となった。

営業利益は同25%増の2910億円と、ブルームバーグ・データによ るアナリスト3人の事前予想平均2357億円を上回った。パケット収入の 増加や新規事業分野などが堅調だった。売上高は同1.2%減の1兆489 億円だった。

山田隆持社長は決算発表の記者会見で、「パケットやネットモバイ ルの収入増、新規分野の貢献、コスト削減も寄与した」と述べた。

通期(2011年3月期)予想は連結売上高を4兆2220億円から4兆 2090億円に下方修正した。販売単価が下落している携帯機器販売収入 の減少が響いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE