米30年物住宅ローン金利、11年末までに5.1%に上昇の公算も-WSJ

米住宅ローン金利はここ数カ月 間、過去最低水準近辺で推移しているが、今後徐々に上昇が見込まれ る。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版) が全米抵当貸付銀行協会(MBA)の予想を基に報じたもので、30 年固定金利型ローン金利(平均)は2011年末までに5.1%に達する 可能性があるという。

同金利は、今年10-12月(第4四半期)に4.4%となり、11年 1-3月(第1四半期)には4.7%まで上昇する見通しだと、同紙は 伝えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Peterson at +44-20-7330-7547 or cpeterson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE