中国人民元:日中に月初来安値-当局が中心レートを3日連続引き下げ

28日の中国外国為替取引で、 人民元は月初来安値を付けた。中国人民銀行(中央銀行)が3日 連続で人民元の中心レートを引き下げたことを受けて、政府が元 高を抑制する方針だとの見方が強まった。

人民銀はこの日、中心レートを0.11%安の1ドル=6.6986 元に設定。主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所 (ICE)のドル指数は今週、0.3%上昇している。

クレディ・アグリコルCIBのエコノミスト兼ストラテジス ト、ダリウス・コワルツィク氏(香港在勤)は「人民銀は、主要 通貨に対してドルが上昇した機会を決して逃さず、中心レートを 元安方向に設定している」と指摘した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元 は上海時間午後5時半(日本時間同6時半)現在、0.1%安の1 ドル=6.6874元。一時は6.6918元と、9月30日以来の安値 を付けた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、人民元の1年物 ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は、1ドル=6.4778 元。NDFは元が今後1年で3.2%上昇するとの予想を織り込ん でいる。

--Judy Chen. Editors: Ven Ram, Dirk Beveridge

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-7047 or xchen45@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE