【テクニカル分析】ユーロ、支持線割れなら1.3622ドルも-コメルツ銀

ユーロが対ドルで主要な下値支持 線を割り込んだ場合、1ユーロ=1.3622ドルまで下落する可能性があ る。ドイツのコメルツ銀行がテクニカル指標を基に予想した。

同行の債券・商品・為替テクニカルアナリスト、カレン・ジョー ンズ氏(ロンドン在勤)は電子メールで27日配布したリポートで、「ユ ーロは引き続き対ドルで下値を固めている状況であり、ダイヤモン ド・パターンが続く可能性がある」と指摘。「日中は1.4057/80ドルで 上値を抑えられ、このパターンが続くだろう」との見方を示した。

同氏はその上で、「短期的なリスクは1.3805-1.3775ドルの下値 支持線を試し、これを割り込むことだ」と分析。「この水準を下回ると さらに重要な1.3697-1.3622ドルの安値に向かう動きを引き起こす だろう」と予想した。この水準は「直近の安値であるとともに4月の 高値であり、6月の安値を起点とする上昇相場の23.6%戻しに相当す る」と説明している。

23.6%はフィボナッチ数列に基づくチャート分析で戻りの節目と される水準の一つ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE