米ムーディーズ:タイ格付け見通し、「ステーブル」に上げ(Update1

米格付け会社ムーディーズ・ インベスターズ・サービスは28日、タイの外貨・自国通貨建て債 務の「Baa1」格付けについて、見通しを「ステーブル(安定的)」 とし、これまでの「ネガティブ(弱含み)」から引き上げた。同国 の景気回復と財政の改善を理由に挙げている。

ムーディーズは発表文で、タイ政府は財政収支を「過度」に悪 化させずに「効果的な景気対策」を講じたと指摘した。同社は2008 年12月に同国の「Baa1」の債務格付けの見通しを「ネガティ ブ」とした。

同社のアシスタント・バイスプレジデント、クリスチャン・デ グズマン氏は発表文で、格付け見通し修正は「このところの経済の ファンダメンタルズ(基礎的諸条件)改善によって今後の政治の不 透明感が十分カバーされるとの当社の見方を反映している」と説明 した。

タイの4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)は前年 同期比9.1%増加。政府の治安部隊が反政府グループのデモ隊を強 制排除した5月19日以降、通貨バーツは対ドルで約8%上昇して いる。

タイ財務省は28日、最近発生した洪水の被害やバーツ高の影 響を踏まえ、今年の同国の経済成長率は7.3%程度になるとの見通 しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE