米コムスコープ、カーライルに約3200億円で身売り-上場廃止へ

通信機器メーカーの米コムスコー プは、米投資会社カーライル・グループに39億ドル(約3200億円) で身売りすることで合意した。コムスコープは上場廃止となる。通信 機器業界では少なくともここ2年で最大の合併・買収(M&A)案件。

両社の発表資料によれば、カーライルはコムスコープ株1株につ き現金31.50ドルを支払う。コムスコープがカーライルへの身売り交 渉を発表した直前の22日株価終値を約36%上回る水準。

カーライルによる買収は2011年1-3月(第1四半期)に完了す る予定。ブルームバーグのデータによれば、中国電信集団が2008年に 中国聯合通信からネットワーク資産を約95億4000万ドルで取得する ことで合意して以来の買収規模。

27日のニューヨーク証券取引所では、コムスコープ株が前日比

1.19ドル高の31.41ドルで終了。年初来では18%上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE