ドコモ:今期スマートフォン販売,100万台から30%上振れも

国内携帯電話最大手NTTドコモ の山田隆持社長は28日、今期(2011年3月期)の高機能電話端末(ス マートフォン)販売が従来計画の100万台から「20-30%」上振れる 見込みだと述べた。同日都内で開いたスマートフォン新製品の発売イ ベント後に記者団に語った。

同社長によると、ドコモは上半期だけで「60万台近く」のスマー トフォンを販売。下半期でも「手ごたえがある」という。

国内スマートフォン市場では同3位ソフトバンクモバイルが販売 代行している米アップルの「iPhone(アイフォーン)」が主流 で、ドコモは米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」搭載の端末な どで追撃してきた。28日発売の端末は韓国サムスン電子の「Gala xy(ギャラクシー)S」で、山田氏によると、「5万台以上」の予約 を集めた。

調査会社MM総研の26日発表によると、4-9月の国内スマート フォン出荷でアイフォーンは60%のシェアを占めたが、前年同期にゼ ロだった英ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズのシ ェアもドコモによる4月の端末発売を受け21%に達した。同総研によ る国内スマートフォン全体の出荷予想は前年度比88%増の440万台。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE