ブラジルのブラデスコ銀株、4カ月ぶり大幅安-7~9月決算を嫌気

時価総額でブラジル2位の銀行、 ブラデスコ銀行の株価が27日、4カ月ぶりの大幅安となった。同行 がこの日発表した7-9月(第3四半期)決算では、コストが予想以 上に拡大し、利益が一部のアナリスト予想に届かなかったことが売り 材料となった。

ブラデスコ銀の株価は前日比4.5%安の35.25レアルと、6月 29日以来の大幅な値下がり。年初から今月26日までの上昇率は 23%で、同国の主要株価指数のボベスパ指数の3.1%を上回っている。

発表資料によると、同行の第3四半期の調整後利益は前年同期比 40%増の25億2000万レアル(約1200億円)。ブルームバーグが集 計したアナリスト4人の予想平均(25億5000万レアル)を下回っ た。顧客サービス網の拡大や広告費の増加、企業買収などが響き、一 般管理費や人件費が53億レアルと前年同期に比べ18%増えた。

エドアルド・ニシオ、エドアルド・ロスマン両氏を含むバンコB TGパクチュアル(リオデジャネイロ)のアナリストは27日付のリ ポートで、「一般管理費は予想を上回り、今後も増える公算が非常に 大きい」とし、「融資は前期比4.2%増加したが、予想を下回った」 と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE