米JPモルガンと英HSBCを銀先物の相場操縦で提訴-NYの投資家

米銀JPモルガンと英銀HSBC ホールディングスが銀の先物とオプションの相場操縦を行い反トラス ト法(独占禁止法)に違反したとして、個人投資家が27日、ニューヨ ークの連邦地裁に提訴した。

訴状によると、JPモルガンとHSBCは共謀し、2008年3月か ら銀先物の価格を抑制、または一定水準に維持し、銀先物のコール・ オプションが行使期日に無価値となるよう仕向けた。

また、訴状では、両行は、「行使されないが価格に影響を及ぼすほ どの大量の注文を出し、妥当な価格で行使される前に取り下げる」と いう「ごまかし」の売買注文をしたとされている。

原告はニューヨーク在住で銀先物の取引をしていたピーター・ラ スカリス氏で、共謀行為により損害を被ったと主張。集団訴訟を求め ている。

JPモルガンの広報担当者、ジョー・エバンジェリスティ氏はコ メントを控えた。HSBCの広報担当者、リサ・ソディカ氏にコメン トを求める電話をかけたが、回答は得られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE