【個別銘柄】キヤノン、旭硝子、ファナク、JR東海、岡三、カカクコ

28日の日本株市場で、株価変動材 料の出た銘柄の終値は以下の通り。

キヤノン(7751):前日比3.7%高の3755円。東証1部市場の売 買代金1位。2010年12月期の連結純利益予想を2450億円に従来計画 から2%上方修正した。前期は1316億円。デジカメなどの数量増効果 やコストダウンなどが寄与し、円高による圧迫をカバーする見通し。業 績好調を評価する買いが入った。

ファナック(6954):5.5%高の1万1850円。一時6.5%高の1万 11960円と、07年11月9日以来の高値を更新した。野村証券は27日、 「中国・アジア売上比率が実質6割と高く、NC装置をはじめ競争力が 高い。中国のFA市場の構造的成長を享受できる筆頭銘柄と評価する」 とし、目標株価を1万1500円から1万5000円に引き上げた。

JR東海(9022):3.8%高の62万2000円。鉄道事業の堅調など で4-9月の連結営業利益は前年同期比13%増の1994億円と、事前予 想から9.6%上振れた。収益力強化も寄与しており、会社側は11年3 月期利益予想を増額修正したが、計画はなお保守的とみられ、再度の業 績上乗せを期待した買いが優勢となった。

カカクコム(2371):13%安の38万円と急落し、東証1部の下落 率1位。インターネット検索最大手の米グーグルが日本市場向けに新た な商品検索サービスを始める、と28日付の日経新聞朝刊が報道。競合 激化で収益拡大ピッチが鈍ると警戒された。

岡三証券グループ(8609):9.3%高の258円。発行済み株式数の

2.4%に当たる500万株、取得総額として15億円を上限に自己株式を取 得すると発表した。需給好転期待などから買いが優勢。

旭硝子(5201):4.2%安の781円。液晶ガラス基板の需要増など で7-9月の連結営業利益は前年同期比で約7割増の530億円前後にな ったようだ、と28日付の日本経済新聞朝刊が報道。ただ液晶ガラス基 板の回復は減速しており、4-6月の610億円と比べると減益となるた め、売りに押された。クレディ・スイス証券では、10年12月期の連結 営業利益は会社計画を下回り、来期は大幅な減益になると予想。

パルプ・紙株:日本製紙グループ本社(3893)が2%安の2040円 など安く、東証1部33業種でパルプ・紙指数は下落率2位。日興コー ディアル証券では27日、セクター判断を新規に「弱気」とし、日本紙 Gは「アンダーパフォーム」とした。

富士通(6702):3.3%高の560円。7-9月の連結営業利益は前 年同期比96%増の371億円となった。不採算のバードディスクドライ ブ(HDD)事業を東芝に売却したことに伴う負担減や、LSI事業の 構造改革などが寄与した。収益性の改善が評価された。

メック(4971):12%安の299円で、東証1部の下落率2位。アジ アでパッケージ基板中心に在庫調整が進み、出荷が想定以下となってい るため、11年3月期の連結純利益予想を従来比37%減の5億3400万円 に下方修正した。いちよし経済研究所では、投資判断を「買い」から 「中立」に下げた。

タムラ製作所(6768):6.1%安の202円。放送設備関連や自動販 売機・アミューズメント関連などで需要回復が遅れており、11年3月 期の連結純利益予想を従来比71%減の2億円に減額した。

ガリバーインターナショナル(7599):11%安の3915円。自己株 式100万株を処分し、41億円を調達すると前日発表。野村証券が全株 を買い取り引き受けし、欧州を中心に海外市場で募集する。将来的な売 り圧力を懸念した売りが優勢となった。処分価格は4082円と、27日終 値より7%低かった。

ノーリツ鋼機(7744):6.5%安の460円。為替差損や構造改革費 用などを計上した結果、11年3月期の連結純損益は8億6000万円の赤 字と、従来予想(2億5000万円の黒字)から一転する見通しと前日発 表。収益悪化を嫌気した売りに押された。

マキタ(6586):5.1%高の2848円。欧州の住宅投資回復などを追 い風に電動工具の受注が足元で増加、円高をこなし業績予想を引き上げ たことが好感された。11年3月期の連結営業利益は、従来予想比20% 増の360億円の見通し。

新光電気工業(6967):2.9%安の830円。11年3月期の連結営業 利益は前期比2.7%増の55億円にとどまる見通し。前回予想の133億 円からは59%の減額。期初に1ドル=90円とみていた為替前提を下期 (10年10月-11年3月)は80円に設定、50億-60億円の減益要因に なるという。ブルームバーグ・データによると、担当アナリスト15人 の営業利益予想の平均は122億円だった。

日立金属(5486):3.5%安の881円。クレディ・スイス証券は28 日、26日の4-9月決算発表時に通期営業利益計画が上方修正され、 当面の好材料が出尽くしたと考えられるほか、レアアース問題の長期化 懸念などを理由に、投資判断を「アウトパフォーム」から「中立」、目 標株価を1500円から880円に引き下げた。

小森コーポレーション(6349):9.8%安の730円。日本や北米、 欧州市場で景気回復の不透明感による設備投資の低迷が予想され、11 年3月期の連結営業損益は25億円の赤字と、従来予想(13億円の赤字) から赤字幅が拡大する見通しになった、と前日発表した。

ルネサスエレクトロニクス(6723):7.8%安の631円。7-9月 の連結純損益は82億円の赤字だった。前年同期は、旧NECエレクト ロニクスと旧ルネサステクノロジの単純合算で548億円の赤字。マイコ ン事業などの増収効果で損失は減ったが、赤字継続を懸念する売りに押 された。

メディパルホールディングス(7459):4%安の916円。固定資産 の遊休などに伴う減損損失の計上などで、11年3月期の連結純利益予 想を従来比17%減の147億円に下方修正した。

NIPPO(1881):2.5%安の503円。建設事業の工事受注高が 減少し、4-9月の連結純利益が従来予想と比べて89%減の2億円に なったもよう、と27日に発表した。同社はJXホールディングス (5020)の子会社。

中電工(1941):5.2%安の856円。屋内電気工事などが伸び悩ん でおり、11年3月期の業績予想を前日下方修正した。連結純利益は従 来予想比18%減の14億円の見通し。

コロワイド(7616):4.6%安の414円。一時407円と、08年10 月10日以来の安値を付けた。居酒屋の低価格競争激化により、4-9 月の連結純損益は8億800万円の赤字と、従来予想(3億1300万円の 赤字)から赤字幅が拡大したもよう、と27日に発表したことを受けた。

トッパンフォームズ(7862):3.2%安の725円。印刷物の需要量 と価格の下落傾向に歯止めがかからず、11年3月期の連結純利益予想 を従来比16%減の69億円に下方修正した。

オービック(4684):5.2%高の1万5050円。主力の統合業務パッ ケージ「OBIC7FXシリーズ」が好調で、4-9月の連結営業利益 は前年同期比11%増の86億5000万円だった、と前日発表した。

東日カーライフグループ(8291):8.1%高の67円。企業のIT投 資意欲の回復から連結子会社の東京日産コンピュータシステム(3316、 TCS)が11年3月期の連結純利益予想を従来比63%増の1億9500 万円に上方修正した。同社への影響は現在精査中。TCSは1万円 (18%)高の6万5700円ストップ高(値幅制限いっぱいの上昇)。

シンプレクス・ホールディングス(4340):4.5%高の3万8150円。 持分法適用関連会社の売却益などで4-9月の連結純利益は前年同期比 13%増の6億8900万円と、従来予想から13%上振れた。

大気社(1979):9.9%安の1147円。工事進行基準適用工事の進ち ょく率が計画を下回り、4-9月の連結純損益は7000万円の赤字と、 従来予想(2億6000万円の黒字)から一転して赤字になったもよう、 と27日に発表した。

東邦チタニウム(5727):5.5%安の2106円。前提為替レートを円 高方向に見直したほか、積層セラミックコンデンサの販売数量低迷など を考慮、27日に11年3月期の業績予想を下方修正した。連結純損失は 56億円となる見通しで、前回予想の45億円から赤字幅が拡大する。

東海ゴム工業(5191):8%高の921円。自動車関連事業を中心に 顧客需要が堅調に推移しているうえ、収益体質改善効果もあり11年3 月期の業績予想を上方修正、連結営業利益は従来比39%増の160億円 の見通しになった。7円だった期末配当予想は8円に上方修正。

ペガサスミシン製造(6262):5.7%高の187円。11年度までに中 国で自動車部品の生産能力を倍増させる、と28日付の日経産業新聞が 報じた。来月から順次、生産設備を増強し、「リトラクター」と呼ぶシ ートベルトの巻き取り装置などの生産能力を月産400万個に引き上げる という。

大同特殊鋼(5471):6.7%高の399円。特殊鋼鋼材を中心とした 需要が想定を上回る見通しである上、鉄スクラップが安定して推移して いるため、11年3月期の業績予想を上方修正した。連結純利益は従来 予想比49%増の260億円の見通しになった。

東洋シヤッター(5936):11%安の236円。競争激化による販売価 格の低迷で、11年3月期の連結営業利益は従来予想の3億4000万円か らゼロになる見通し。

東芝テック(6588):4.6%高の319円。円高によるマイナスの影 響はあるものの、収益力の強化などで11年3月期の連結営業利益は従 来予想比25%増の150億円の見通しになったと発表した。

住友精密工業(6355):7.9%高の299円。英国子会社で工場土地 建物に関する賃貸終了時の原状復旧費用を計上していたが、賃借先と契 約見直しで合意したため、費用の縮減相当額を特別利益として計上、4 -9月の連結純損益は7800万円の赤字と、従来予想(1億円の赤字) から赤字幅が縮小した。

シスメックス(6869):2.9%高の5600円。円高の影響はあったも のの、中国や国内で予想以上に販売が好調で、4-9月の連結純利益は 従来予想から22%上振れ、55億円になったようだと27日に発表した。

スクロール(8005):2.5%安の313円。個人消費の落ち込みなど を予想し、11年3月期の連結売上高予想を従来から50億円減額し、 600億円にした。同社は婦人衣料や下着などのカタログ販売を行う。利 益予想は変更しなかった。

フージャースコーポレーション(8907):6.3%高の1万7950円。 第2四半期(4-9月)決算短信で「継続企業の前提に関する重要事象 等」の記載を解消する、と前日発表した。

沖電線(5815):7.7%高の126円。産業用機械、工作機械メーカ ー向けなどに機器用電線、ワイヤーハーネスが増加し、11年3月期の 連結純利益は従来予想比69%増の2億7000万円の見通しになった、と 前日発表したことを受けた。

立花エレテック(8159):5%高の587円。半導体や液晶製造装置 メーカーの受注に支えられ、サーボやインバータなどが伸長、11年3 月期の連結純利益予想を従来比20%増の16億2000万円に増額した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE