米企業の社債保証コスト、6日ぶり上昇-クレジットデリバティブ

27日のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場で、米企業の社債保証コストは6営業日 ぶりに上昇した。この日発表された経済指標が弱い内容だったことや ギリシャ国債利回りの急上昇、米連邦準備制度理事会(FRB)の景 気押し上げに向けた策は慎重なものになるとの観測が背景にある。

マークイット・グループによれば、北米企業の信用リスクの指標 であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニュー ヨーク時間午後5時26分(日本時間28日午前6時26分)現在、

1.5ベーシスポイント(bp=0.01%)上昇の94bpとなっている。

プリマス・アセット・マネジメントのシニアトレーダー、アンド ルー・クアン氏は電子メールで、多くのさえないニュースが投資家の センチメントを悪化させていると指摘。低調な企業決算、およびソブ リン債が再び問題になるとの懸念が、社債保証コストの上昇につなが ったと述べた。

米商務省が発表した9月の同国製造業耐久財受注は前月比で減少 し、企業の設備投資の鈍化を示唆した。同月の米新築住宅販売件数は 過去最低付近にとどまった。

企業決算では、米通信会社スプリント・ネクステルが市場予想を 上回る赤字を計上。ビジネス管理ソフト最大手、ドイツのSAPの利 益もアナリスト予想を下回った。

また米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は情報源を 示さずに、FRBは次回の連邦公開市場委員会(FOMC)で米国債 の購入を数千億ドルにとどめる方針を決定する可能性があると報じた。

米銀行の社債保証コストが上昇。CMAのデータによると、JP モルガン・チェースは3.6bp上昇の84.3bp。ゴールドマン・サ ックス・グループは3.4bp上昇の126.3bp。モルガン・スタンレ ーは6.8bp上昇の158.6bp。

CMAによれば、ギリシャ国債の保証コストは74.2bp上昇し、

752.2bpとなった。ギリシャのパパコンスタンティヌ財務相は、欧 州の当局による見直しの結果、昨年の同国財政赤字が国内総生産(G DP)の15%を超えていたもようであることを明らかにした。これ は今月7日に、ギリシャのパパンドレウ首相が示した数値を上回る。 この財務相発言を受け、ギリシャ10年国債相場は大幅に下落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE