ユンケル議長:ドルはユーロに対して「過小評価されている」

ユーロ圏財務相会合(ユーロ グループ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は、ド ルはユーロに対して過小評価されているとの見解を示した。

ユンケル議長は27日、フランクフルトでの会議で、欧州は世 界的な為替政策の「犠牲」になっていると発言。「為替レートは、 過度に激しく変動するべきではなく、経済のファンダメンタルズ (基礎的諸条件)を反映するべきだ」と続けた。

さらに、「中国の通貨は上昇するべきだ」とし、「ドルはユーロ に対して過小評価されている」と付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Simone Meier in Frankfurt at +41-44-224-4134 or smeier@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jana Randow at +49-69-92041-206 or jrandow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE