グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式 市場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。指標のハンセン指数が4カ月ぶりの大幅 安となった。米連邦準備制度理事会(FRB)が来週発表すると見込 まれる資産購入プログラムの規模が期待外れにとどまるとの観測が広 がる中で、資源株が値下がりした。

資源価格下落を受けて、沖合石油・ガス探鉱で中国最大手の中 国海洋石油(CNOOC、883 HK)は2.5%安、中国最大の産銅会 社、江西銅業(358 HK)は4.4%安。中国2位の石炭会社傘下、中 国中煤能源(1898 HK)は5.9%下落。利益は市場予想に届かなか ったことが響いた。同最大手の中国神華能源(1088 HK)も安い。

米資産家ウォーレン・バフェット氏が出資する中国の自動車メ ーカー、比亜迪(BYD、1211 HK)は8.9%値下がり。JPモル ガン・チェースが株式投資判断を引き下げたことが嫌気された。

ハンセン指数は前日比436.66ポイント(1.9%)安の

23164.58で引け、6月29日以来の大きな下げとなった。ハンセン 中国企業株(H株)指数は同2.8%安の13259.10。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は27日、FR Bが11月2、3両日開く連邦公開市場委員会(FOMC)で数千億 ドル規模の米国債購入プログラムを発表する見通しだと伝えた。米ゴ ールドマン・サックス・グループは同プログラムの最終的な規模が2 兆ドルに達する公算があるとみている。

大福アセット・マネジメントの香港在勤ポートフォリオマネジ ャー、クリス・レオン氏は「FOMCを来週に控え、若干の利益確定 売りが見込まれる」と指摘。「FRBが量的緩和の規模を大幅に拡大 するかどうかは疑問だ。市場予想に届かない可能性がある」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指 数は6週間ぶり大幅安となっ た。資源と消費株が下げを主導した。利 益見通しに比べて最近の株 価上昇は行き過ぎとの懸念や、米連邦準備 制度理事会(FRB)の 資産購入の規模が期待外れなものにとどまる との観測が背景。

中国最大の産銅会社、江西銅業(600362 CH)と中国2位の石 油会社ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)が安い。FRBは 来週、数千億ドル相当の米国債を購入するプログラムを発表する見通 しだと、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が伝えた。 家電メーカーの珠海格力電器(000651 CH)を中心に消費株も安い。

不動産開発の万科企業(000002 CH)と保利房地産集団 (600048 CH)は上昇。シティグループが、中国政府の不動産規制 が需要に与える影響は一時的なものにすぎないとの見方を示したこと が手掛かりとなった。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(シンガポール在勤) は 「大幅上昇の後とあって、短期的には株価は変動しやすくなって いる 可能性がある」と指摘。「FRBの資産購入規模が予想を下回れ ば、 流動性懸念を引き起こし、株式や商品といった資産市場から資 金が流 出するだろう」との見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は、前日比44.50ポイント(1.5%)安の

2997.05と、9月16日以来の大幅な下げで終了。上海、深セン両 証取のA株に連動しているCSI300指数は同1.8%安の3403.87。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。指標のセンセックス30種株価指数が1 週間ぶり安値となった。ナショナル・サーマル・パワー(NTPC) や、テック・マヒンドラの決算が減益となり地合いを悪くした。

電力会社のNTPCは5カ月で最大の下げ。同社の7-9月期は 連続3四半期目の減益となった。ソフトウエアサービスのサティヤム コンピュータサービスの経営権を取得したテック・マヒンドラも、市 場予想以上の減益を発表し5営業日ぶりに下げた。携帯電話サービス のアイデア・セルラーの18%減益が引き続き嫌気され、通信セクタ ーも安い。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

216.02ポイント(1.1%)安の20005.37と、20日以来の安値で 終了した。

NTPC(NATP IN)は3.4%安の198.25ルピー。テック・ マヒンドラ(TECHM IN)は2%下げ770.75ルピー。アイデア・セ ルラー(IDEA IN)は3.2%安の67.25ルピーに続落。同業のブハ ルティ・エアテル(BHARTI IN)も2.1%下げ321.95ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比39.7ポイント(0.9%)安の4648.1。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比9 9.87ポイント(0.5%)安の

1909.54。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比52.19ポイント(0.6%)安の8291.04。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比38.13ポイント(1.2%)安の3124.38。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比2.17ポイン ト(0.1%)高の1499.11。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比12.08ポイント(1.2%)安の983.96。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比29.64ポイント(0.8%)安の

3624.47。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比5.54ポイント(0.1%)高の

4285.07。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE