香港株(終了):ハンセン指数、6月以来の大幅下落-資源株安い

香港株式相場は下落。指標のハン セン指数が4カ月ぶりの大幅安となった。米連邦準備制度理事会(F RB)が来週発表すると見込まれる資産購入プログラムの規模が期待 外れにとどまるとの観測が広がる中で、資源株が値下がりした。

資源価格下落を受けて、沖合石油・ガス探鉱で中国最大手の中国 海洋石油(CNOOC、883 HK)は2.5%安、中国最大の産銅会社、 江西銅業(358 HK)は4.4%安。中国2位の石炭会社傘下、中国中煤 能源(1898 HK)は5.9%下落。利益は市場予想に届かなかったことが 響いた。同最大手の中国神華能源(1088 HK)も安い。

米資産家ウォーレン・バフェット氏が出資する中国の自動車メー カー、比亜迪(BYD、1211 HK)は8.9%値下がり。JPモルガン・ チェースが株式投資判断を引き下げたことが嫌気された。

ハンセン指数は前日比436.66ポイント(1.9%)安の23164.58 で引け、6月29日以来の大きな下げとなった。ハンセン中国企業株(H 株)指数は同2.8%安の13259.10。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は27日、FRB が11月2、3両日開く連邦公開市場委員会(FOMC)で数千億ドル 規模の米国債購入プログラムを発表する見通しだと伝えた。米ゴール ドマン・サックス・グループは同プログラムの最終的な規模が2兆ド ルに達する公算があるとみている。

大福アセット・マネジメントの香港在勤ポートフォリオマネジャ ー、クリス・レオン氏は「FOMCを来週に控え、若干の利益確定売 りが見込まれる」と指摘。「FRBが量的緩和の規模を大幅に拡大する かどうかは疑問だ。市場予想に届かない可能性がある」と述べた。

-- Editors: Nick Gentle, John McCluskey

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net  Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Kana Nishizawa in Tokyo at +81-3-3201-8374 or knishizawa5@bloomberg.net Hanny Wan in Hong Kong at +852-2977-6601 or hwan3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE