シュタルクECB理事:非伝統的措置、必要以上に長期間継続しない

欧州中央銀行(ECB)のシュ タルク理事は27日、ECBが緊急導入した非伝統的措置を必要以上 に長期間継続することはないと述べた上で、低金利を過度に長く維 持することはリスクを伴うと指摘した。

同理事はウィースバーデンで講演し、リファイナンスオペでの 無制限の流動性供給と債券購入プログラムという現在まだ残ってい る2つの非伝統的措置について、「必要以上長く継続されることは断 じてない」と言明した。

シュタルク理事はまた、ECBの政策金利は依然として「適正」 だとの見解を示し、ECBは今のところインフレ、デフレのいずれ のリスクも認識していないと説明。「この認識が変われば、当然調整 する。われわれは非常に低水準の金利を過度に長く維持する金融政 策が潜在的なリスクをはらんでいることをも承知している」と続け た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE