仙谷氏:中国漁船衝突映像、開示方法は慎重な判断を

仙谷由人官房長官は27日午後の 定例会見で、尖閣諸島沖で発生した海上保安庁巡視船と中国漁船の衝 突を撮影した映像の公開をめぐり、衆院に提出した自らの要望書を読 み上げた。国際政治情勢への影響も考慮する必要があると指摘した上 で、視聴する人の範囲や開示方法について慎重な取り扱いを求めてい る。最終的には提出を要求した衆院予算委員会が決定することも強調 した。

海保の映像は同日午前、那覇地方検察庁が衆院に提出した。仙谷 氏の要望書は、慎重な対応を求める理由として、関係者の名誉・人権 を保護する必要があること、国際政治情勢への影響も考慮する必要が あることなどを列挙。衆院予算委に対し、「視聴される方々の範囲・ 方法等を含め、極めて慎重な取り扱いに特段の配慮を要望する」と求 めている。

ただ、実際の開示範囲・方法については「あくまでも要望であっ て、予算委員会あるいは予算委員会理事会で決めることだと思ってい る」とも述べた。仙谷氏は菅直人首相が同日朝に視聴したことも明ら かにした。

一方、映像の提出と月末に行われるベトナム・ハノイでの東南ア ジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に合わせて実施する方向で 調整している日中首脳会談への影響については「私はあまりないと考 えている」と否定した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE