三菱UFJ証:7-9月は34億円の赤字-トレーディング不振

三菱UFJフィナンシャル・グルー プ傘下の三菱UFJ証券ホールディングスの7-9月(第2四半期)連 結決算は、純損益が34億円の赤字(前年同期は92億円の黒字)となっ た。市場低迷の影響でトレーディング損益が振るわなかったほか、株式 や債券の引き受け手数料も伸び悩んだ。

三菱UFJ証HDが27日、東証で配布した決算短信などによると、 7-9月期の営業収益は前年同期比17%減の747億円だった。トレーデ ィング益が同34%減の148億円となった。欧州での信用危機の影響を受 け、海外を中心に損益が悪化した。四半期ベースの最終赤字は2009年 1-3月以来6四半期ぶり。

株式・債券引き受け・売り出し手数料は同49%減の66億円、同委 託手数料は20%減の53億円と低迷した。4-9月期純損益は同13%減 の194億円と黒字を確保した。

三菱UFJ証HDはグループ証券事業の中間持ち株会社で、さらに 傘下に米モルガン・スタンレーと合弁の三菱UFJモルガン・スタンレ ー証券と、モルガン・スタンレーMUFG証券を持つ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE