新日鉄:7-9月純損益442億円の黒字、通期1300億円予想(Update2)

粗鋼生産国内1位の新日本製鉄が27 日発表した2010年7-9月期の連結純損益は442億円の黒字となった。前 年同期は296億円の赤字だった。

同年4-9月期の連結純損益は710億円の黒字。前年同期は718億円 の赤字だった。中国などアジア向け鋼材が販売数量と価格がともに増加 したことが貢献した。

下期(10年10月-11年3月)の生産については、谷口進一副社長は 同日の会見で「第3四半期第4四半期とも800万トン程度を前提に生産 計画を立ててオペレーションしている」と述べた。

これまで開示していなかった11年3月期通期純利益予想は1300億円 を見込む。前期は115億円の赤字だった。経常利益は従来通り前期比21 倍の2500億円とした。

谷口氏は、中国の市況が底をついたとしつつも、販売量などの順調 な回復につながっていないと説明。円高の影響もあるとし、計画達成は 「不透明な状況が続くということを前提に置いており、相当頑張らない と難しい」と述べた。

--取材協力 東京 鈴木偉知郎 Editor:Hidekiyo Sakihama Takeshi Awaji

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 宋泰允 Yasumasa Song  +81-3-3201-3052 ysong9@bloomberg.net 東京 菅 磨澄 Masumi Suga +81-3-3201-3088 msuga@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net James Poole +65-6212-1551 jpoole4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE