米政府、中国・メキシコ製鋼管に反ダンピング関税-ITCが判断

米国は、中国製とメキシコ製のシ ームレス(継ぎ目なし)銅管に反ダンピング(不当廉売)関税を課す。 米国際貿易委員会(ITC)が26日、これら銅管の輸入により国内 メーカーが損害を被っている恐れがあると判断した。

ITCは、テネシー州メンフィスのミュラー・インダストリーズ とミズーリ州セントルイスのセロ・フロー・プロダクツの訴えを5対 0で支持した。

米商務省は先月、関税率が最大で中国に対しては60.85%、メキ シコには31.43%となることを明らかにしていた。シームレス鋼管の 年間輸入は中国からが2億3300万ドル(約190億円)相当、メキシ コからは1億3000万ドル相当。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE