アジアの首脳、人民元問題で中国に圧力へ-今週のASEAN会議で

アジア主要国の首脳が今週ベトナ ム・ハノイで開く一連の東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合 では、アジアの輸出依存型経済の保護を図り、中国に人民元の上昇加 速を呼び掛けることが軸になる公算が大きい。

韓国・慶州で開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総 裁会議が23日、輸出促進を目的とした通貨安競争を回避することで合 意したことを受け、今週の会合では通商政策が中心議題となる見込み だ。クリントン米国務長官と中国の温家宝首相は東アジアサミットな どの会合に出席する。そのほか日本、韓国、インド、オーストラリア、 ニュージーランド、ロシア、ASEAN加盟10カ国の首脳がハノイを 訪れる。

タイ開発研究所のフェローを務めるチャロンポップ元財務相は、 「中国は、弱い者いじめをする国と見られることに極めて神経質であ るため、米国や日本よりもASEAN諸国の言うことに素直に耳を傾 けるだろう」と指摘。「ASEAN諸国の通貨と中国人民元が同じよう に上昇する場合、懸念は大幅に後退するだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE