大韓航空:7-9月は2倍強の増益-市場予想上回る

韓国最大の航空会社、大韓航 空の7-9月(第3四半期)決算は、純利益がアナリスト予想を上 回った。通貨ウォンの上昇や景気回復を受け、旅客数や貨物輸送の 需要が伸びた。

同社が27日に電子メールで配布した発表資料によると、第3 四半期の純利益は5838億ウォン(約420億円)と、前年同期の 2640億ウォンの2倍強に増加。ブルームバーグが集計したアナリ スト9人の予 想平均(4874億ウォン)を上回った。第3四半期 の売上高は前年同期比26%増の3兆1000億ウォン。

ウォン高で海外旅行の人気が高まり、国際線旅客数は前年同期 に比べ6.3%増加した。貨物量と輸送距離(FTK)に基づく貨 物輸送実績は同13%増の24億FTKだった。

ユージン・インベストメント・アンド・セキュリティーズのア ナリスト、ジョー・イクチャン氏は決算発表前に、「ウォン高を背 景に国際 線の旅客数は今後も伸びる公算が大きい」と予想する一 方、「電子機器メーカーの販売減少見通しから、貨物輸送は第4四 半期に減速が予想される」との見方を示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE