中国株(終了):上海総合指数、6週間ぶり大幅安-資源と消費株下落

中国株式相場は下落。上海総合指 数は6週間ぶり大幅安となった。資源と消費株が下げを主導した。利 益見通しに比べて最近の株価上昇は行き過ぎとの懸念や、米連邦準備 制度理事会(FRB)の資産購入の規模が期待外れなものにとどまる との観測が背景。

中国最大の産銅会社、江西銅業(600362 CH)と中国2位の石油会 社ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)が安い。FRBは来週、数 千億ドル相当の米国債を購入するプログラムを発表する見通しだと、 米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が伝えた。家電メー カーの珠海格力電器(000651 CH)を中心に消費株も安い。

不動産開発の万科企業(000002 CH)と保利房地産集団 (600048 CH)は上昇。シティグループが、中国政府の不動産規制が需 要に与える影響は一時的なものにすぎないとの見方を示したことが手 掛かりとなった。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(シンガポール在勤)は 「大幅上昇の後とあって、短期的には株価は変動しやすくなっている 可能性がある」と指摘。「FRBの資産購入規模が予想を下回れば、 流動性懸念を引き起こし、株式や商品といった資産市場から資金が流 出するだろう」との見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比44.50ポイント(1.5%)安の2997.05 と、9月16日以来の大幅な下げで終了。上海、深セン両証取のA株に 連動しているCSI300指数は同1.8%安の3403.87。

--Zhang Shidong. Editors: Allen Wan, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE