米アップル:中国でオンラインストア開設-販売拡大目指す

(発表の詳細などを追加して全体を書き換えて更新します)

【記者:Mark Lee】

10月27日(ブルームバーグ):タブレット型コンピューター「i Pad(アイパッド)」やスマートフォン(多機能携帯端末)「iPh one(アイフォーン)」を製造する米アップルは、自社のオンライン ストアを通じて中国の顧客からの受注を開始した。同社は中国で販売 を強化している。

アップルの27日の発表によると、同社のオンラインストアは送料 無料で、一部製品での名前入れサービスも行う。アプリケーションを 扱うオンラインストアも、中国本土で使われる簡体字中国語でのサー ビスを開始する。

アップルは先月、中国でiPadと、iPhoneの最新機種を 発売。北京と上海で新たに2店舗を開設した。中国のレノボ・グルー プ(聯想集団)や華為技術も競合するスマートフォンを販売しており、 同国での競争が激化している。

調査会社アナリシス・インターナショナルによると、中国では1 -6月(上期)のiPhoneの出荷が、ノキアの携帯端末基本ソフ ト(OS)「シンビアン」や米グーグルのOS「アンドロイド」を搭載 したスマートフォンを下回った。

中国のパソコン(PC)メーカー最大手のレノボが今年に入り発 売したスマートフォン「LePhone」と同国最大の通信機器メー カーである華為技術が公表したスマートフォン「Ideos」は、と もにアンドロイドを採用している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE